Blog/ブログ

PCTトップページ>コールセンターの現場からPC豆知識を>意外と知られていない? Windows のInternet Explorer サポートポリシー変更について

PC豆知識@コールセンター

line

意外と知られていない? Windows のInternet Explorer サポートポリシー変更について

2015.11.17

2015年11月現在、業務システムの関係で古いバージョンのInternet Explorerを、継続して利用されている環境も多々あるかと思います。

今までは各Windows OS上で複数のバージョンのInternet Explorer(以下IE)がサポートされておりましたが、2016年1月13日以降はIEのサポートポリシーが変更となります。

・2016年1月12日まで ⇒ 各Windows OS毎にサポートされるIEのバージョンが複数存在

・2016年1月13日以降 ⇒ 各Windows OS毎にサポートされるIEは最新のもののみ

これはWindows 7を例にしますと以下となります。

・2016年1月12日まで ⇒ IE8/IE9/IE10/IE11をサポート

・2016年1月13日以降 ⇒ IE11のみサポート(IE11以降の新しいバージョンがない場合)

このように最新版のIEのみサポートされる状態になります。
サポートが終了になりましたバージョンのIEに対しては、セキュリティ上の脆弱性が発見されましても修正がされない等、利用し続ける上のデメリットが増大し、業務に支障をきたす可能性が大きいと考えられます。

業務で利用されるアプリケーションによっては、IEのバージョンを固定するなど環境依存が強いこともあり、簡単に切り替えができないこともございますが、その場合は「互換性表示」「エンタープライズモード」といった過去のIEとの互換性を保つ機能がございますので、ご利用の環境で評価いただくことをお勧めいたします。

●参考情報
Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/

※Windows およびInternet Explorerは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 
 

line

pagetop