Blog/ブログ

PCTトップページ>技術情報をお届け>パソコン教室点検作業 1. 小学校編

SEの現場から技術情報を

line

パソコン教室点検作業 1. 小学校編

2017.11.07

当社では、ICT機器の総合保守サービスをご提供しております。今回はとある小学校で行っているパソコン教室点検作業について、簡単にご説明いたします。

【作業概要】

①WindowsUpdate

②PCの状態チェック

③周辺機器動作確認

※小学校及び中学校は機器構成が異なります。

【作業の流れ】

●パソコンは全てデスクトップ(先生機:1台、生徒機:40台)

●サーバーは使用せずワークグループで運用

1.PCの電源を入れる

2.先生機にて復元ソフトの解除
→常時復元が有効となっておりフォルダの削除や設定変更をされても再起動にて戻るソフトが導入されている

3.先生機からPC管理ソフトを起動し生徒機に対して一斉操作にてWindowsUpdateを実行させる
→最低限の使用方法を理解する必要あり

4.先生機は手動にてupdate実行

5.Update完了したら復元ソフトの有効化を実施

6.最終的に正常起動しているかを確認

7.プリンタテスト印字
→この際印刷状態の確認及びトナー・インク残量を確認

8.スキャナ動作確認

9.プロジェクターがある場合は投影にて目視確認

10.NAS(ネットワーク対応HDD)にアクセス可能か確認
→児童のデータが保存されるが電源OFFやケーブルが抜けている場合あり

11.K/B、マウス動作確認
→児童が外したり別の場所に接続する可能性があります

12.モニター表示確認
→線が入ってしまうケースや破損しているかの確認

13.ODD動作確認
→児童が異物を混入させる可能性があります。

14.全ての機器(NAS除く)を電源OFF確認

※1校における作業時間は問題無ければ1時間程度

次回は、「中学校編」をお送りいたします。

line

pagetop