Blog/ブログ

PCTトップページ>コールセンターの現場からPC豆知識を>Windows 10のWindow Updateについて

PC豆知識@コールセンター

line

Windows 10のWindow Updateについて

2015.12.15

2015年7月29日から無償アップグレード、同年9月4日からパッケージ/ダウンロード販売が開始され、導入されている方が増えていると思います。
Windows 10は従来機能の改良や新機能の搭載もございますが、日常の利用で大きな影響がでると思われる変更の中に「Windows Update」があります。OSの状態を常に最新状態に保つこと、最新の機能をすぐに提供することを目的としたWindows Updateの仕組みが、従来のWindows OSから大幅に変更されています。

Windows 7/Windows 8.1と異なり「コントロールパネル」にWindows Updateが無くなり、「スタートメニュー」→「設定」→「更新」の中に移動していますので操作に戸惑うかもしれません。
設定できる内容も、Windows 7/Windows 8.1までありました更新プログラムを任意のタイミングで適用する、非表示にする、適用しない、といった選択もWindows10ではできません。
Windows 10は「更新プログラムを適用しない」という選択肢が無く、基本は提供された更新プログラムを自動適用し再起動となります。

Windows 10の新規機能追加について

Windows 10のWindows Updateでは、「ブランチ」という仕組みを導入しています。
ブランチは大きく以下の3種類に分けられ、アップデートの適用時期や範囲に違いがあります。

  

  

  

1. Current Branch(CB) アップデートの延期は不可。常に最新の機能が取り込まれた状態となる。
2. Current Branch for Business(CBB) ビジネスユーザー向け。アップデートの延期は可能。ただし、4か月~8か月後には最新状態になり、アップデート自体を拒否する事は出来ない。(Current Branchと同様の扱い)
3. Long Term Servicing Branch(LTSB) アップデートの延期だけでなく、アップデートの拒否も可能。従来のWindows OSと近い運用が可能。



なお、ご利用のWindows10のエディションによって、選択できるCurrent Branchに違いがあります。家庭での利用、ビジネスでの利用、または基幹システムでの利用と、その用途によってエディションの選択にもご注意ください。

  

  

  

  

エディション 選択できるブランチの種類
Windows 10 Home Current Branch(CB)のみ
Windows 10 Pro Current Branch(CB)、Current Branch for Business(CBB)
Windows 10 Enterprise Current Branch(CB)、Current Branch for Business(CBB)、Long Term Servicing Branch(LTSB)
※LTSBを利用するには「Windows 10 Enterprise 2015 LTSB」版のインストールが必要。
 2025年10月の延長サポート終了日までOSは有効。

注意:いずれの場合もセキュリティパッチやバグフィックスの提供は行われます。
参考情報:マイクロソフト サポート ライフサイクル
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?sort=PN&alpha=LTSB&Filter=FilterNO

Windows 10ですが、これまでのバージョンアップの考え方である数年に一度のメジャーバージョンアップする方式(例えば:Windows Vista ⇒ Windows7 ⇒ Windows8 ⇒ Windows8.1 とバージョンアップする方式)を廃止し、Windows Updateで機能強化や機能追加、改良を行う「ローリング・リリース」という方針に変更されました。

2015年12月8日のコールセンターコラム「Cortanaのご紹介」で取り上げました、「Cortana」の日本語版も、Windows Updateのメジャーアップデートで機能追加されています。
このように、メジャーアップデートで今後も新機能が追加されていく事が想定されています。

なお、今回取り上げましたWindows Update以外にも変更点がありますので、導入の際にはご利用の環境に合わせて必要なエディションの選択を検討されることをお勧めいたします。

当社のコールセンター部門でも、Windows Updateによる改良点等を含め、今後も検証や動作確認を行ってまいります。

※Windows およびWindows10は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 
 

line

pagetop