Blog/ブログ

PCTトップページ>コールセンターの現場からPC豆知識を>Windows10のPINサインインについて

PC豆知識@コールセンター

line

Windows10のPINサインインについて

2016.04.19

私は、当社のコールセンター部門で業務を担当しています。
今回のコラムはWindows10のPINサインインについてお話ししたいと思います。
 
Windows10を利用する場合、多くの方が「Microsoftアカウント」でログインして利用されていると思います。
MicrosoftアカウントについてはWindowsのログイン以外にもWindowsストアからアプリをダウンロードする時、Office認証やOneDriveなどのマイクロソフトサービスを利用する時にも必要となるため、比較的長いパスワードを設定している方が多いと思います。
そのため、パソコンを起動してWindows10にサインインする時のパスワード入力が煩わしいと思った事はありませんでしょうか?
そこでおすすめしたいのがPIN※でのサインインです。
 
※「PIN」とは「Personal Identification Number」の略で、「暗証番号」を意味します
 
PINを設定すると、パソコンの起動時のパスワードの代わりに4桁以上の数字を利用してサインインする事が出来ます。

【設定方法】
スタート⇒設定⇒アカウント⇒サインインオプション⇒PINの「追加」をクリック
Microsoftアカウント サインインオプション
 
表示された画面内の「新しいPIN」と「PINの確認」にそれぞれ入力して「OK」をクリックMicrosoftアカウント PINのセットアップ

 
 
これでPINの設定は完了です。
PINサインインだと通常のパスワードよりも桁数が短くなって、セキュリティレベルが落ちてしまうのでは?と思われるかもしれません。
 
実はPINサインインの対象は設定したパソコン(デバイス)でのみ有効です。
 
もし外出先でパソコンを利用する時、ログイン時のPINコードを他人に盗み見されたとしても、他のパソコン(デバイス)からはログインする事は出来ないので悪用はされる事はありません。
 
パソコンの修理の時に「動作確認するのでログインパスワードを教えて下さい」と聞かれても、設定したPINコードを教えればログインして動作確認は可能なので、大事なマイクロソフトアカウントのパスワードを他人に教えなくてもいいのです。
 
 
Windows10を利用されている方、PIN設定を行ってみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
※Windows 10は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
 

line

pagetop